ウパスティティとは…(What is Upasthiti?)

What is Upasthiti?

サロン名の「ウパスティティ」とはサンスクリット語で「付添い人/介護人/セラピスト」を意味しています。

「ウパスティティ(付添人/介護人/セラピスト)』はアーユルヴェーダを代表する古典書『チャラカ・サンヒター 第1巻 第9章』の中で、病気の治療を成功させるのに重要な4本の柱のひとつと言われています。
(参考:チャラカ・サンヒターに書かれている医療の4本柱とは、①医者・②薬物・③付添い人・④患者の事を指します。)

また『チャラカ・サンヒター』では望ましい付添い人(セラピスト)の特徴(性質)とは「①看護法を良く知っていること、②手先が器用であること、③患者に愛を持っていること④常に清潔であること」と書かれています。

医療の4本柱にちなんでヒンディー語で数字の4(チャール)の文字をモチーフにデザインしたロゴとなっています。

サロン名に恥じぬよう、より望ましい「ウパスティティ(セラピスト)」となるべく、特にこの4つの点を念頭に置き、日々精進させて頂きます。


アーユルヴェーダとは…
メニュー総合
セラピストの紹介
サロン情報